カテゴリ:登山・遠出( 121 )
初海外のお写真ちょびっと。
ここは、淡路島?友ヶ島?
それとも四国か北海道??
んなわけないなwww

いろいろと本当に濃厚な6日間でした。

むっちゃ楽しかった。

e0018107_2236271.jpg


e0018107_22364037.jpg


e0018107_22365338.jpg


e0018107_2237479.jpg


e0018107_22371675.jpg

[PR]
by gonzow | 2012-04-26 22:38 | 登山・遠出
箕面勝尾寺の紅葉のライトアップ
e0018107_9123090.jpg

e0018107_9123086.jpg

e0018107_9123038.jpg

先日の日曜日は久しぶりにおクルマでドライブ。
って言っても、近場の箕面の山の中。
紅葉目当てで行ったんだけど、さすがに渋滞していてすぐに夕暮れ(笑)。
しかし、たまたま達磨で有名な勝尾寺で
特別ライトアップなるものをやっていて、
そこでまったりほっこり(^-^)。
なんかこういうのって、久しぶりな感じ。

携帯のカメラの性能が悪いから写真は美しくないけど、
実際はかなり美しさでしたわ。
先日買ったデジカメは、まだ稼働せずで
もったいなあ〜(笑)。
[PR]
by gonzow | 2011-12-07 09:12 | 登山・遠出
今から家路へ
e0018107_2194449.jpg

e0018107_2194421.jpg

e0018107_2194429.jpg

駅前の立呑屋で飲んでたら、遅くなってしまった(;^_^A。
家に着くのは、0時頃かな?
[PR]
by gonzow | 2011-11-07 21:09 | 登山・遠出
なぜか門司港
e0018107_18225862.jpg

e0018107_18225852.jpg

今夜は仕事が早く終わったので、
なぜか門司港にいます(笑)。
[PR]
by gonzow | 2011-11-07 18:22 | 登山・遠出
熊野詣で
e0018107_15303414.jpg

e0018107_15303485.jpg

e0018107_15303412.jpg

お仕事で熊野市まで行ってきました。
熊野はあんまりニュースにならなかったけど、先日の台風の時には、
1メートル位床上浸水して大変やったらしい。
[PR]
by gonzow | 2011-09-30 15:30 | 登山・遠出
なぜか・・・?
e0018107_19115322.jpg

e0018107_19115394.jpg

横浜。
約20年ぶり。
[PR]
by gonzow | 2011-07-08 19:11 | 登山・遠出
お久しぶりのお釈迦さんと孔雀の覗き
なんか突然に、もうむちゃくちゃ久しぶりの山。
昨年の二上山を除けば、
2008年春の芦生や蓼科以来。
単独となると、2007年秋の2週連続で槍、屏風の行って以来・・・。

そして、なまった脚を慣らすために選んだ山は、懐かしの釈迦ヶ岳。
過去の記録を見てみると釈迦ヶ岳は、2001年に初めて行って以来、どうも6回ほど行っているようだ。
最も間近は、両手に花だった2006年秋の大峰縦走時に通過したとき。
http://gonzow.exblog.jp/4512392/

そして、今回の旭の峠の登山口からだと、7年ぶりのようだ。
http://www.geocities.jp/gonzow_2003/030505kujaku/030505kujaku.html

7年間ぶりに来ると、いろいろと変わっていまして、
まず国道168号線から林道に入る交差点。
168号線の改良工事が進んでいて、交差点自体が168号線のトンネル出口の高架の下になっていて、現行の168号線の交差点ではなくなっていたこと。
もちろん、全くわからずに行き過ぎて、あれれれれ〜〜〜www。
約10分のロス。

そして、林道だが、以前は半分近くがダートで、おもろいやら、おっかないやらだったのだが、全線舗装路に!!
しかし、途中落石が多くて、相変わらず結構怖い。

で、極め付きは峠の登山口にトイレができていた!
そして、登山口には写真のような立派な石碑が!
さすがは、世界遺産www
e0018107_15291483.jpg



コースタイムでは釈迦ヶ岳まで約2時間。
登り始めは9時37分(しかし、大阪から3時間以上かかってる・・・)だから、11時30分ころに着けば、御の字と言ったところか。
でも、超久々だからバテバテで3時間くらいかかりそう・・・・。


旭の峠からの登山道は、比較的フラットで気持ちいい。
新緑とバイケイソウが結構美しい。
e0018107_15294652.jpg


e0018107_15295556.jpg



写真は、徐々に見えてきた釈迦ヶ岳の隣にある大日岳。
尖った山容が目に止まる。
e0018107_15301040.jpg



そして、今日の目的地、釈迦ヶ岳。
e0018107_15302053.jpg



釈迦ヶ岳山頂の15分ほど手前にある「カクシ水」と呼ばれる水場。
少しわかりにくいのが難点だが、以前から水量が多い水場で味がいい。
e0018107_15304051.jpg

水場はそのままだったが、この辺りにあったベンチなどはなくなってしまっていた。



「カクシ水」のところで5分ちょっとくらい休憩したものの、
結局釈迦ヶ岳には11時37分到着。なんと休憩時間を入れても2時間で到着!
すごい!我ながら快挙やわwww。
e0018107_15311233.jpg



お久しぶりのお釈迦さんとご対面。
e0018107_15312427.jpg




さて、まだ11時40分過ぎ。
なんかお腹も空いていないし、
山頂は結構人が多くて落ち着かないからと
何を思ったか、ここから無謀なことを思い着いてしまった。
「孔雀の覗き」まで行ってみようと・・・・。

しかし、この釈迦ヶ岳から孔雀の覗きまで、アップダウンがキツく、
落ちたら「はいサヨナラ〜〜」てなとこだらけなのに・・・。

釈迦ヶ岳からのキツい下りを降りるとそこには、素晴らしい光景が広がる。
もちろん、落ちたら「はいサヨナラ〜〜」。
e0018107_15313832.jpg



ちょっと写真でわかりにくいけど、岩にピンが打たれていて、
ここに足を乗せて通過するという難所。
恐らく大峰一の危険箇所でしょ。
もちろん、ピンを踏み外したら「はいサヨナラ〜〜」。
e0018107_15315312.jpg



ごっつい岩の下を通ったり
e0018107_1532519.jpg


岩の鼻の下を通ったり
e0018107_15322252.jpg


またまた「はいサヨナラ〜〜」地点があったり・・・。
e0018107_15323630.jpg


写真は撮らなかったけど、鎖場も3カ所ほどあって・・・、
実は結構脚が疲れて・・・。
もう13時だし、気分的には孔雀の覗きは諦めてたんだけど、
すれ違った登山者から、「あと20分ほどだから、折角だから行った方がいいよ」なんて、言われて、
どうしようかなぁ〜〜と、20分ほど歩いたら、孔雀の覗きに着いてしまったww。
e0018107_1533849.jpg

覗きは、恐らく4回目だと思うけど、やはりごっつい景色やわ。
写真の場所から下はスパッと数百メートルと切れ落ちていて、怖くて近づけないんだけどね。
世の中には、ここを登る強者もいるようで・・・。
http://wildsite.web.infoseek.co.jp/rakan/rakan31.html
と、よく読んでたら、知っている人やったわ (^^ゞ


で、20分ほどで、食事を済ませて・・・。
しかし、本音では、こんなところまで、来てしまってどうしよう??げっそり
疲れで、結構帰るのが嫌になってしまっていて・・・www
実は、痛めていた左ヒザも少し痛みを感じていたし・・・。
帰れるんかいな・・・・おれ。

出発時間は14時前。
ゆっくり歩いて、16時に釈迦ヶ岳。
そして18時に登山口というプランで帰路についた。
まあ、今の季節19時近くまで明るいから・・・。

途中休憩してたら、行きには気付かなかったけど、
あの上の岩なんであんなとこに??www
e0018107_15333265.jpg



バテないようにゆっくりゆっくり歩いて・・・。
しかし、何故か釈迦ヶ岳には15時35分に到着。
途中シマヘビと遊んだりして、17時20分には下山。



まだ日が暮れるには、少し早かったので、途中の林道で少しお散歩。
林道脇にある謎のトンネル。
林道に沿って、100メートルもあるかないかの不思議なトンネル。
e0018107_15335074.jpg

もちろん中に入る勇気は、ございません。
しかし、世の中にこんな所に入る強者がいるもので・・・。
http://sputoyo877.com/asahi.html


このトンネルの少し下にある、揚水式水力発電所として、
日本で2番目に大きな出力を誇る奥吉野発電所。
初めてゆっくり見てみた。
しかし、発電所の中に、なぜ太陽光発電があるのか??
不思議。
e0018107_1534624.jpg


e0018107_15345523.jpg



これは、発電所のダム。
e0018107_15352868.jpg


ということで、日も暮れて、また3時間以上かけて
大阪市内に戻りましたです。
長々と読んでくださりありがとうございます。


まあ、かなり疲れたけど、思ったより登れて、ちょっと安心。
ただ、途中から膝が少し痛くなったので、走る時と同じようにサポーターをした方がいいかも。
でもサポーターをすると曲げにくそうな感じもするし・・・。
悩みどころ・・・・。

さて、次回の山はいつ??www
[PR]
by gonzow | 2011-06-05 15:47 | 登山・遠出
ケービング?
e0018107_1201850.jpg

e0018107_1201847.jpg

e0018107_1201824.jpg

意外と楽しめた(笑)。
[PR]
by gonzow | 2011-05-15 12:00 | 登山・遠出
ゴールデンウィークの続き?(笑)
e0018107_791193.jpg

なぜか秋吉台(笑)。
[PR]
by gonzow | 2011-05-15 07:09 | 登山・遠出
阿蘇三昧(笑)。
e0018107_18194078.jpg

e0018107_18194015.jpg

e0018107_1819408.jpg

今から阿蘇を降ります。
結局、1枚目の写真のように大量の噴煙を出し続けている中岳には、
ほぼ終日登山規制がかかっていて登れなかったのに、
朝から一人でずっと遊んでいました。つまり、アホですな。

中岳が火山ガスで登れなかったので、近くの草千里に向かいました。
2枚目の写真のように広い広い草原です。まるで巨大な若草山状態。
気持ちいい〜〜。これを一周しようと超軽装で出発。
そして、右奥の方に行ったら、なにやら写真の真正面の山に行けそうな踏み跡が・・・。
アルピニストの血が騒ぎます(爆)。
軽装であることを顧みず登り始めてしまいました。
途中から完全に直登やし・・・(´Д`)。
豚になったカラダには堪えます(笑)。
なんとか山頂に着くと左からも道が・・・。そして、10パーティー位が山頂に・・・。
左からのルートの方が楽勝なんだって(笑)。
でも、ここに来る人は、観光のノリではなくて、やはり山登らーのノリ。
やっぱり、山頂は気持ちいい〜〜(^O^)/。
もちろん、下山は楽勝ルートで・・・。
下山は稜線を下る感じで、これも気持ちいい〜〜〜(^O^)/。
その後は、草千里の駐車場に戻って昼食を取って、
次は駐車場を挟んで、草千里とは逆側にある3枚目の写真の杵島岳へ。
登りは階段ばかりで超単調。
しかし、山頂に着くと、ここも見晴らしが良くて、気持ちいい〜〜(^O^)/。
そして、上がってからわかったのですが、
この山はもう噴火していない火口を囲む外輪山やったんです。
真ん中がへこんでいて、周囲を一周できます。一周30分で回れたかな。
ほんと、久しぶりに気持ちいいちょこっと山行でしたわ(^-^)。
すぐ下の道路は、大渋滞してたのにね(笑)。
[PR]
by gonzow | 2011-05-04 18:19 | 登山・遠出