<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
クソ阪和
今夜も電車が信太山で壊れたらしくて、南海に振り替え輸送。
ほんまに、クソ阪和は安いだけあって、
ちゃんと電車を走られへんねんから~。
なんで、そんな安物の路線の迷惑を受けなあかんねんやろ。
ちゃんと走らされへんねんやったら、値上げしたらええのに・・・。
南海からクソへのの振り替えなんて、数年に一度やのに、
クソから南海への振り替えは一月に一度くらいあるんちゃうやろか?
向こうはつい最近約40年もかかって、
大阪市内が高架になったんやけど、あんまり変わらんみたいやな。
なんか、高架初日にも大混乱しとったみたいやし・・・。

どっちにしても、ほんま客が多くて、
うっとおしいっちゅうねん(>_<)。
e0018107_22214163.jpg

[PR]
by gonzow | 2006-05-30 21:20 | 電車・車・飛行機
18禁エロあります!(笑)打ち上げ上映会in京橋。
涸沢&大峰双門峡の打ち上げ上映会が京橋でありました。
行った人、行けなかった人含め、
総勢12名(だったかな?)の打ち上げ宴会!
山コミュとテンコミュのメンバーの人数がこれだけ揃うと、
やはり、かなりメチャクチャ!乱れっ放し!!
ほんと、楽しい宴会でした。
そして、この日ジャンさんが、
周参見で突いてきたイシダイのお刺身や魚ちり、
そして荒炊きに雑炊と、美味で豪華なメニュー!
サイコーでした。
最後は、お店の人が真っ青のドリフの大爆笑があったりして、
大笑いの連続でした!
ああ幸せや!

写真上は、18禁エロ画像!(笑)。
写真中は、鴨居で懸垂したら、なんと鴨居が脱落!
まるでドリフのギャグやん!
写真下は、宴のあと、店前で全員集合!
e0018107_3171652.jpg
e0018107_3172676.jpg
e0018107_3173685.jpg

[PR]
by gonzow | 2006-05-29 03:17 | 登山・遠出
飲み飲み飲み飲み!
ほんと、立て続けに飲みに行ってます。
23日は、大正の沖縄料理店に。
そして、一昨日も、またまた同じ大正の沖縄料理店に(上の写真)。
そして、昨日は堀江の韓国家庭料理店(中央と下の写真)から、
その後はショットバーへ。
これは、なんと3時過ぎまで飲んでしまった。
今日は、仕事で奈良に行かないとダメだったので、
その後は友人宅に泊めさせてもらいました。
会社の人には、「20代と違うんやから〜〜」と笑われましたが・・・。

で、明日は明日で、涸沢に行った時のビデオ上映会の宴会です。

しかし、なんか楽しい日々を送ってるなぁ(^^ゞ。
e0018107_22184617.jpg
e0018107_2218585.jpg
e0018107_221992.jpg

[PR]
by gonzow | 2006-05-27 22:24 | 宴会・酔っ払い
久しぶりのランニング
昨夜は、ほんと久しぶりに走った。
穂高に行く前以来だから、およそ1ヶ月ぶり。
走った感じは、途中で思わず歩きそうなほどで、結構バテバテ。
まあ、それでもなんとか5kmを走りきり、タイムは28分。
予定の30分より、ちょっと早いやん。おかしいなあって感じ。
前日激増した体重は、71.6kgに。元に戻ったわ(笑)。


そう言えば、昨夜自転車に乗って帰宅する時、
前方に大きな黒い犬が左側に、
右側におっちゃん(飼い主)がいたんよ。
そして、その中央を走り抜けようとしたら、
そのおっちゃんが「あかん。あかんわ!」って!
と、同時に自転車に何かが当たって・・・。
そうなんです、実はその飼い主と犬とは、
長〜いリードで結ばれていたんです。
その間を僕が自転車で走ったわけ。
夜やのに、そんなん見えるわけないやん!
でも、そのおっちゃん、「ごめんな。ごめんな。」と
連呼して、自転車に絡まったリードを取ってたから、
そんなに「怒り!!」ってなことはなかったけど・・・。
で、その間、その大きな黒い犬は、
尻尾を振って、僕の手や膝をペロペロ。
「おいおい、ビショビショになるやん〜〜〜。
あんたの友達とちゃうっちゅうねん!」てな感じ(笑)。

でも考えたら、それで転倒してたら、
えらいことになってたなぁ。
[PR]
by gonzow | 2006-05-25 08:36 | ランニング
体重激増!
昨夜、初めてマイミクさんとツーショットで飲みに行った。
まあ、内容は山の話が主体でたわいもないものだったのだが、
ただ食べたものが、濃かった。
それが、原因か、今朝体重計に乗ったら、びっくり!
今月に入ってからは、仕事や山で、全くダイエットはしてなかったものの、
ずっと71kg~72kg台。
一番多いときでも、穂高から帰ってきた時の72.8kgだったのに、
なんと今朝は73.6kg!ひぇ~~~。
やっぱり太る原因は、お酒と濃い食事やで。絶対に!
今夜から、また走ろうっと!(笑)。
[PR]
by gonzow | 2006-05-24 08:52 | ダイエット
美女と芦生
5月21日〔日)は、別嬪さんと芦生に行ってきた。
第1の目的は、僕の名前が付いた谷を登り、
その峠にある道標を見て、そこで写真を撮ることだった。
http://pana33.cool.ne.jp/626gonzou51.jpg
http://cgi.members.interq.or.jp/earth/sizenkan/images/ashu/031124/gonzo.jpg
例により、その前週も火の出るような忙しさ。そして、前日の土曜も出勤。
下調べがあまりできず、また2万5千分の1の地図も購入できず・・・。
4万分の1のエアリアでは、少し心許なかったのだが、出発日がやってきた。

そもそも芦生に行くまでが、大変だ。
なんせ住んでいるのが南国泉佐野だから、
京都と福井の県境にある芦生演習林まで、相当な距離。
京都市内から国道162号線を走るだけでも1時間以上かかったような記憶がある。
距離は遠いが、意外と湖西道路を使える生杉側に行くほうが早いかも知れない。
このおかげか、芦生にはこれまで3度しか行ったことがない。
それもいつも誰かの後ろを付いていくというカタチだった。
だから、芦生には土地勘がないと言えるだろう。

今回は大阪を出て、思い切って京都に行かず、
箕面から山越えをし亀岡経由で、一路?いや、複雑な走行路で芦生へ。
しかし、途中で道を間違ったりして、なんだかんだと3時間ほどかかり、
須後の駐車場に着いたのは、ほぼ8時半。
きょう歩く道がわかるかと言う不安はあるものの、
時間的にはそんなに距離を歩くわけではないので、まあいいか。
演習林の門の前で記念写真を撮り、
その門を入らず、門の手前を左折して、櫃倉谷へと向かう。
歩き始めて、すぐにいきなり美しい新緑が目に飛び込んできた。
もう、はやくも癒し系充満って、感じ。
美しい新緑に囲まれ、別嬪さんと楽しいお喋りをしてると、
長い林道歩きも苦にならず、すぐに終点だ。

林道終点からは、前方の沢を渡り登山道を横山峠へと登るはずなのだが、早くも道がわからず、遠回りなのだが、仕方なく櫃倉谷の沢沿いを歩く。
踏み跡と言うより、道がしっかりとついているのだが、すぐに渡渉があった。
この渡渉することさえも、事前に知らなかった・・・(笑)。
最初は、登山靴に水に入るとか入らないとか言っていたのだが、
3回目くらいの渡渉でもうそんなこと言ってられなくなり、
靴の中は、もうグジョグジョ(笑)。
まあ、暖かかったし、じゃぶじゃぶ入って、渡渉するのも、
慣れれば、逆に気持ち良かったのかも知れない。
しばらくして、中ノツボ谷と櫃倉谷の出合に到着。ここで、小休憩。
そして、再出発したところで、後ろから「ぎゃ~~~」という大きな声。
どうしたのかと思うと、足下に小さめのシマヘビがいるじゃありませんか。
このシマヘビをストックで突くと、ストックに向かってくる。
なかなか気の強いヘビだ。そして、ついにはストックに噛みつき、巻き付いてきた。
「おお、すごいすごい!」。まるで、いじめっ子ですな。

その後も、沢沿いを右岸へ左岸へと行ったり来たりの浅いところの徒渉を繰り返し進む。
すぐに坂谷との出合があり、次の出合は、目的の権蔵谷との出合だ。
しかし、30分ほど歩いたところで、左岸の高巻きの道へと流れ、大きく沢と共に右に曲がる。
ところが、その高巻きの下に、出合があるのを発見。
そして、高巻き道の前方には滝が・・・。
恐らくこの下の出合が、権蔵谷との出合と思い、
下に降りる道を探すが、安全なルートが見つからない。
仕方ないので、高巻きの道をまた戻り、沢沿いを歩き出合へと行く。
しかし、ここで権蔵谷と思われる沢は、少しゴルジュ状になっており、また踏み跡もハッキリしない。
そもそも、以前ネットで見た権蔵谷は、ほとんど水がなかったはずなのに、
こちらが本流のような感じで、水かさが多い。
コレが、権蔵谷??ひょっとすると、ロクロ谷??
4万分の1のエアリアでは、よくわからない・・・。
最も心配していた「権蔵谷との出合が確定できない」と言う事態となってしまった・・・。
うにゅ~~。
もう、お昼も回っていたし、別嬪さんにムリをさせるわけにも行かないので、
今回はここで撤退。むちゃ軟弱ぅ~(笑)。

で、少し開けた沢沿いで、お昼・・・。
お茶を飲んで、写真撮りっこをしたり・・・。
なんだか、のんびりした山行で、とっても癒し系。
あまりの美しさに、ほんと写真も大量に撮影。
帰りも美しい新緑の中をジャブジャブと徒渉を繰り返し進み、林道終点へ。
ここで、別嬪さんがまたヘビを発見。
そして、ストックで追い始めたのだが、そのヘビを見たら、それマムシやん!
ケンカしたら、負けちゃうよ(笑)。

そして、林道を下り、演習林の門へ着いた時には、もう4時を回っていた。
トロッコ道をちょっとのぞいて、須後の駐車場へ。
登山靴を脱いだら、水で蒸れて、足はしわしわ(笑)。
しかし、本当に美しくて大満足な1日だった。

e0018107_1326015.jpg
e0018107_1326792.jpg
e0018107_13261615.jpg

[PR]
by gonzow | 2006-05-23 13:26 | 登山・遠出
涸沢ドリーミング・・・1
2005年のゴールデンウイーク。
それまで、幾度か計画しては、天候不良で登ることができなかった奥穂高。
しかし、このときばかりは、ついに山の女神が微笑み、
眩いばかりの穂高ブルーと光り輝く雪に包まれた
奥穂高の山頂を単独で踏みしめてきた。
そこから遡ること数年前、蝶ヶ岳に登ったときに、
目前に聳える奥穂高岳に向かって「いずれは、登らせていただきます」と誓ったのだ。
そして、やっとの思いで、その穂高の盟主との約束を果たした気分であった。
しかし、その後、仕事が多忙だったこともあり、
穂高連峰やアルプスはおろか、テント泊さえもすることはなく、
月日は過ぎ去っていた。

それから、丸1年。
2006年のゴールデンウイークが巡ってきた。
カレンダーを見ると、曜日の配列が良く、長ければ9連休。
短くても5連休の休日が用意されていた。
今年の春山は、どこへ行こう。
蝶~常念~燕?白馬?唐松??
と、まだ朧げな思いだけが頭の中にあり、
しっかりと行き先を決めていなかった頃、
大勢で涸沢でテント泊をしませんかという誘いがあった。

この時期のアルプスは、不思議といつも単独で入っており、
また涸沢にも3回ほど行っているが、大勢で行くのもいいかなと思い、
ほぼ即答で参加する旨を伝えた。

結局参加者は、大阪から5名、京都から2名、静岡から1名の計8名になった。
集合は5月3日朝、上高地。
出発の5月2日の夜まで仕事があり、その後会社から直行し、
名神の桂川サービスエリアで、京都の2名をピックアップ。
走り慣れた道路で、平湯温泉を目指した。
午前1時頃、平湯に到着。久々の平湯温泉だ。
噂には聞いていたが、やはり雪が多い。
もうGWと言うのに、ここ平湯でも、まだ多くの残雪があった。
元来上高地集合だったのだが、1日遅れて単独で山に入るあっぽちゃんを除き、
結果的に全員が前夜のうちに平湯に集結した。

車中で一夜を過ごし、朝を迎えた。
天候は晴れ。
朝陽に輝く笠ケ岳が美しい。
7時過ぎのバスに乗り、昨年完成した新しい釜トンネルを抜け、
上高地には8時前に到着。
除雪した道路の周囲の雪の壁は1m位もある。
上高地の朝は、ほとんど登山者で占められていた。

河童橋でお決まりの記念撮影(笑)。
しかし、ここからの景色は、何度見ても美しい。
今年は、例年以上に雪が多く、ことさら美しく感じる。
これから横尾まで10kmばかりの遊歩道歩きだ。
実はこの道、初めて歩いたときから、退屈で、あまり好きではない。
そういうこともあって、この辺りはいつもハイペースで歩いてしまう。
今回も、ハイペースで先頭を歩き、「早過ぎ~」と非難を浴びてしまった(笑)。
明神館前で小休憩。雪がまだ全面に残る徳沢でも小休憩。そして、横尾で昼食。
休憩や昼食の度に、楽しい話しで盛り上がる。ちょっとペースが遅いかな?
横尾までは、まだ冬道の河原を歩くところもあったが、まずます除雪されていた。
しかし、横尾からは、完全に冬道で、アイゼンを付け、残雪の中を歩く。

この時期、通常本谷橋までは、横尾谷左岸の夏道を歩くのだが、
今年はまだ雪に覆われている横尾谷の上を歩く。
なんかいつもと違う道なので、ちょっと楽しい(笑)。
しかし、なんだかんだと言っても、もう春。
雪が緩んで、所々クレパス状になっていて、
ポッカリと横尾谷の水面が姿を見せている。
落ちたら、大変なことになってしまう。
と思っていると、後ろの方で、じゃんさんの「危ない!」との声が!
ひらめちゃんが、ズボッ!と雪を突き抜けクレパスに・・・。
さようなら~~~。
てなわけはなく、大事にならなくてよかった。

あまりの雪の多さに本谷橋もわからず(笑)通り過ぎ、横尾本谷と涸沢との分岐点に。
ここからは、見た目以上に急登で、しんどいところだ。
今回は、22kg程度の荷物を背負っているが、大丈夫なのだろうか?
しかし、見上げると素晴らしい青空と雪のコントラスト!見事だ!
もうすでに10m近くはあろうかと思われる雪の中を、先頭をゆっくりと登り続ける。
みんな荷物が重く、人数も多いので、どうしてもゆっくりと歩かざる得ない。
所々休憩を挟み、登り続ける。
自分自身は、荷物が22kgもあるのに、今回は意外と元気だ。
雪の中に涸沢ヒュッテの鯉のぼりが見えてきた。
しかし、見えたからと言って、近いようで実は遠いのだが・・・。

結局涸沢のテント場に着いたのは、16時30分。
すでに涸沢は、穂高の山々の影になっていた。
影になってしまうと、急速に気温が下がる。寒い・・・。手がかじかむ。
テントを急ピッチで張る。しかし、寒くて張るのが辛い。
他のメンバーも、テントを張り終えて、それぞれ自分のテントに潜り込む。
シュラフを出し、テントでコンロをつけて、暖を取る。それでも、カラダは寒い。
ジャンさんやシゲさんとか数人は、ヒュッテに飲みに行ったようだ。
しかし、寒さのため、もう外に出る気がしない。
今夜は、引きこもり。
まあ、意外とテントの中が好きだったりもするのだが・・・(笑)。
今回、僕のテントは3人用。これに一人で寝る。なんとも贅沢な・・・。

夜中、12時頃目が覚める。トイレだ。なんか、ビールも欲しい。
面倒だが、ヒュッテまで出掛ける。
何回見てもアルプスの夜空は美しい。
昨年、夜中に、ヒュッテの前の雪の階段が凍っており、すべってこけた記憶がある。
今回は気を付けようと思っていたら、
なんと階段の前の緩い下りのスロープの前で思いっきりすべってこけてしまった・・・。
2年連続である。ああ、情けない・・・。
でも、僕は知らなかったのだが、
昨夜の宴会の帰りにこの階段でジャンさんが酔ってすべってこけて、胸を強打していた・・・。
どうも、ろっ骨にひびが入ったように痛がっていた。
恐るべし、ヒュッテ前の階段だ。

・・・・続く


写真上から、
・平湯バスターミナルから見た早朝の笠ケ岳。
・元気なみかちゃんを始めとするパーティー。徳沢手前で。
・涸沢ヒュッテの鯉のぼりが見えた・・・。
e0018107_12191377.jpg
e0018107_12192383.jpg
e0018107_12193275.jpg

[PR]
by gonzow | 2006-05-20 12:07 | 登山・遠出
炸裂デ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
酔っぱらいモード炸裂!!!!!!!!!!!!!!
みんなで料亭行って、その後カラオケ行って、
炸裂デ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
そんで、歌いすぎて、のど痛い(>_<)
笑いすぎて、あごはずれる~~

コレも、間違いなく幸せの一種やな(笑)。


PS.から沢日記、明日には頑張りま~す。
って、もう誰も期待してないってぇ~?(笑)。
[PR]
by gonzow | 2006-05-20 00:09 | 宴会・酔っ払い
クソ阪和線
昨夜和歌山市で最大震度4の地震があった(泉佐野で震度3)んだけど、
それでボロ阪和線止まってやがる。
なんで南海が正常に動いているのに、クソ阪和はすぐ止まるんかなあ。
振り替えで、安い運賃しか払ってないお客が乗ってきて、
座れずに大迷惑やわ。
以前、クソ阪和使ってた時も連日のように事故や理由なき延着で
すごい電車やと思ったけど、相変わらず客のことなんか考えてないんやろうなあ。
地震後の安全の点検は、朝になってから、ゆっくりやってるんやろうな。
[PR]
by gonzow | 2006-05-15 08:06 | 電車・車・飛行機
涸沢の写真
この下の下の日記でも書いてますが、
http://photos.yahoo.co.jp/karasawa2006_1
にアップされています。
さらに、
http://photos.yahoo.co.jp/karasawa2006_2
にもアップされています。
お好きな方はどうぞです。
[PR]
by gonzow | 2006-05-11 01:10 | 登山・遠出