<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
火事場なう?
e0018107_22404127.jpg

e0018107_22404199.jpg

e0018107_22404132.jpg

10時頃、会社の周辺を消防車が大量に走行。
家に帰ったら、
お家の近所のマンションでボヤがあったみたいやし・・・。
どうも放水して活躍したのは1台だけやったみたいやけど、
消防車10台位集まってたわぁ。
[PR]
by gonzow | 2010-05-27 22:40 | ささいな日常
GW その3・・・猪苗代湖畔で一泊
5月2日の午後に本籍地のある上越市高田を後にして、
北陸道で一路五色沼のある磐梯方面へ。
なんせ地図がないもんで、
高速のSAにある売店で地図を広げてコースや出口を確認。
そもそもこの世に磐越道なるものが存在しているのも、このとき知った。
最初は、新潟から一般道を走ればいいやと思っていた程度ですからwww。

渋滞にも全くかからずに、猪苗代湖磐越高原ICに到着。
降りてすぐに地図を買いにコンビニへ。
日帰り温泉の情報も欲しかったので、
そこで、るるぶ裏磐梯なるものを購入www。
そして、磐梯熱海温泉というところで、
数軒日帰り温泉をやっていることを確認。

磐梯熱海温泉へ向かっている途中。
猪苗代湖に夕陽が落ち始める。
e0018107_846329.jpg
e0018107_8464077.jpg
e0018107_8465027.jpg
e0018107_847123.jpg
e0018107_8471018.jpg
e0018107_8471952.jpg
e0018107_8472747.jpg



約30分で磐梯熱海温泉。比較的まとまった温泉街だった。
無料の足湯が解放されている駅前にクルマを止めて、
すぐ近くにあったこの温泉街の湯元である「元湯」へ。
店頭で、おっちゃんにまだ入れるよと言われて、浴場へ。
なんか、非常にぼろっちい。なんせ200円だから、仕方ないか・・・。
しかし、風呂場の中は、もっとボロボロ。
げっ!シャワーが出ません・・・。
大きい浴槽は、水風呂みたいに冷たい・・・。
小さい浴槽の方は、熱い湯が注がれている。
仕方ないから、小さい浴槽の方のお湯を使って、髪や体を洗う。
温泉の源泉としてはいいかもしれないけど、
カラダを洗うという意味では思いっ切りハズレの温泉でした。
http://veniko.no-blog.jp/tiikibetu/2008/01/post_fdc3.html


その後は、すぐ横にあったすし屋さんに入る。
店構えは綺麗なお店だったが、場所が山の中の温泉街だったので、
ネタ的に結構心配だったのだが、意外なほどおいしかった。
店主さんや奥さんも、大変気さくな人で、
山の話なんかで盛り上がってしまった。
ただ、クルマだったので、ビールが飲めなかったのが、残念でしたが・・・。
http://r.tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7001279



その後は、猪苗代湖畔で車中泊。
朝を迎えた。
5月3日GW中日。今日も晴天だ。
e0018107_8473673.jpg
e0018107_847488.jpg


このあとすぐに、この磐梯山の裏側にある五色沼へと向かった・・・。
e0018107_8475895.jpg
e0018107_848728.jpg

[PR]
by gonzow | 2010-05-13 08:49 | 登山・遠出
GW その2・・・初めての本籍地www
普通、本籍地って、自分が生まれた土地の人が多いと思うんだけど、
僕の場合は、生まれた場所とは、全く関係ない場所なんです。

そこは、話によると祖父が若い時に、
一時住んでいたとか、いう場所。

で、その本籍地は、新潟県上越市西城町3丁目・・・・となっています。
ただ、この本籍地は地番なので、今の住居表示とは異なっているので、
市役所にでも聞かない限り、
行っても正確にはわからないと言うのは、以前から知っていました。

************************************

このGW、せっかく高速道路が1000円なので、遠出をしてみようと思い、
今ひとつ、目的を定めずに、5月1日の夜に大阪を出発!
軽い冬山装備だけは持ってきたけど、
ここ2年山に登っていないので、
雪のアルプスに登れる体力があるわけがない。
で、運転している最中に、昔から一度行きたいと思っていた
五色沼へ行くことに決定した。


ところが、地図を持っていなかったのもあって、
道を勘違いし、米原で北陸道に入らず名神を直進。
東京を経由しても仕方ないので、
中央道、長野道、上信越道経由で北陸道へ出ることにした。
途中、松本の梓川SAで一泊し、翌朝走り出した。
ところが、上信越道が途中の中郷という出口の横から大渋滞。
他のクルマがどんどん出口に逃げるのを見て、
地図もないのにそれに釣られて一般道に脱出。
すると国道18号線という道路に出た。
しばらく走ると、道路標識に左折「上越市高田」の案内が・・・。
そこで、突然思い立って、
訪れたことがない本籍地に行ってみることにした。

************************************

上越市と言うのは、40年ほど前に城下町で雪国の高田市と
港町で交通の要所の直江津市とが合併して、誕生した都市。
僕の本籍地のある高田の市街地に入った。
大きな公園があり、そしてお城が見えた。
そう、そのお城が高田城。
e0018107_6332096.jpg
e0018107_6333623.jpg


そして、僕の本籍地は上越市西城町。つまり城の西側の町なんです。
わかりやすいでしょwww。
だから、地図がなくてもなんとかなるかと・・・www。
お城見物もほどほどに城の西側に向かってみる。
途中、火打や妙高方面の山々が見える。
e0018107_633541.jpg

そうすると、すぐに西城町を発見!
e0018107_6341288.jpg

そして、手持ちの自動車免許を見ると、本籍地は3丁目。
それも、比較的すぐに発見できました。
e0018107_634365.jpg
e0018107_6345527.jpg

なんか、結構緑の多い落ち着いた住宅街です。
e0018107_6351260.jpg
e0018107_6353329.jpg

いい感じやん。僕の本籍地と言った感じでした。




さらについでに近くにある街の中心部へ。
e0018107_6355887.jpg

立派な商店街が・・・。でも人いませんwww。
GWで、みんな出かけているのか?

少し歩くと北陸では有名な金沢の大和百貨店があるじゃないですか!
e0018107_6361993.jpg
e0018107_6362895.jpg


しかし、残念ながら、つい最近閉店したようです。
e0018107_6364495.jpg

やっぱり、いつも人がいないのかな?

1本違う通りに入ると、歓楽街がありました。
やっぱり、人がいませんが・・・。
まあ、もっとも大阪のミナミでも、
休日のお昼には人がないので仕方ないか・・・。
e0018107_6365566.jpg
e0018107_6372093.jpg

この街は雪国なので、歩道に雪が積もらないように、
伝統的な雁木作りという片屋根式のアーケードが
繁華街のほとんどの場所に設置されているのは、特徴的。

歓楽街の中には、なんかストレートな名前の店や
e0018107_637318.jpg


未だにブラウン管テレビやカセットデッキが
店頭を飾る電気屋さんがあったり・・・(本当に不思議なお店だが)。
e0018107_6374853.jpg


なんかこの寂れっぷりを見ていると、
近くにある高田駅もかなりの年季の入った
レトロな建物かとワクワク想像して、
足を進めてみた。

そうすると、駅前広場も綺麗に整備されていて、
エラい立派な建物・・・。
e0018107_6381188.jpg

まあ、公共の施設だから、こうなるのも仕方ないか・・・。
もっとも、電車の本数は、1時間に1〜2本位しかありませんけどね・・・。
e0018107_6383755.jpg




と、たまたま渋滞で一般道に出たおかげで
生まれて初めて訪れた本籍地の街。
なんか感慨深いものがありましたなぁ〜〜。
[PR]
by gonzow | 2010-05-12 06:45 | 登山・遠出
GWその1・・・2年ぶりの登山www
なんとなく山へ行かなくなって、まる2年。
このゴールデンウィークの前半の
4月30日に久しぶりに山へ行ってきました。
それも単独で・・・(爆)


と言っても、たかが二上山。
されど二上山です。

僕は休みなのですが、30日は連休の谷間で一応平日。
というわけで道路は思いっきり渋滞。
あびこの自宅から、二上山の大阪側の登山口の万葉の森駐車場まで
約2時間も掛かってしまいました。
約7年ぶりに登る二上山です。
服装は綿のシャツにジーパン、さらにコンパスはおろか、
地図さえも持って来ず、全く山を舐めた登山です。
万葉の森駐車場から登るのは、最も楽チンではないかと思うのですが、
それでも二上山の雌岳に山頂に着くまで約30分。
大汗をかいてしまいました (;^_^A。
e0018107_23294180.jpg



一気に山頂に着くと、バテバテ (f^^) 。
登頂してしばらくして、誰もいなくなった山頂で
登るのに要した時間と同じ30分ほど休憩(爆)。
風が涼しかったです。


雌岳の山頂の日時計の横にはつつじが・・・。
e0018107_23295912.jpg



そして、雌岳から南方向は、懐かしい大和葛城山。
e0018107_2330962.jpg



山頂のつつじをアップで。背景は雄岳。
e0018107_233020100.jpg



雌岳には、三等ながらも立派な三角点が・・・。
e0018107_23303232.jpg



雌岳山頂の東側の陰にある、四季の花の写真が飾られた東屋。
e0018107_23304222.jpg




そして、次は、雌岳と雄岳の間にある馬の背を抜け、
雄岳へと登ります。
また、しんどいんかいなと思いましたが、
意外と早くて10分もかからず雄岳に到着。


雄岳は展望がなく、また山名板も全くなかったのですが、
その代わりと言ってはなんですが、八重桜が咲いていました。
e0018107_23305272.jpg


e0018107_2331180.jpg




雄岳山頂にある葛木二上神社。
e0018107_23311221.jpg



日曜など登山者が多い日には、私有地のために通過料として
ここで200円徴収されるのですが、
この日は平日のため関所番の人はお休みでした。


この辺りが雄岳で一番高いところ。
e0018107_23312299.jpg



この日、二上山へ登った目的のひとつに、
5月5日に二上山〜屯鶴峰へ10人ほどで
歩く予定があったので
そのルートの下見も兼ねていました。
予定のルートでは、雄岳から屯鶴峰へ行くつもりだったのですが、
いざ登ってみると、雄岳から直接屯鶴峰へ行く道が、
探しても探してもない(笑)。
割とウロウロと探したんですけどねぇ (^^ゞ 。
もっとも、あとから地図を見れば、一目瞭然だったんですけど・・・。
まあ、そんなで、軽く下見も終え、下山し始めます。


馬の背辺りから大阪堺方面。
e0018107_23313279.jpg



山火事には気を付けましょう。
e0018107_23314217.jpg



下山は鹿谷寺跡経由の道を選びました。
この道は、整備されたハイキングコースと言うより、
一応、登山道みたいな感じでした。
途中、見晴らしのいい大きな岩場なんかがあります。


一応、落っこちたら、ヤバいかもという箇所もあったり・・・www。
e0018107_23315125.jpg



夕陽で海が輝いています。
e0018107_2332159.jpg



鹿谷寺跡近くから、雌岳を望む。
e0018107_23321265.jpg



鹿谷寺跡近くの展望台から、万葉の森駐車場を望む。
一応、ここも落っこちたら、イチコロ〜〜??
e0018107_23322284.jpg




と言う訳で、GW第1弾は、二上山単独行(笑)でした。


お留守番していたマイカー。
e0018107_23323221.jpg

[PR]
by gonzow | 2010-05-10 23:38 | 登山・遠出
初めて知った地下道
e0018107_15251197.jpg

e0018107_15251143.jpg

JR天王寺駅を跨ぐ一方通行の道路の存在は、
以前から知っていたが、 なんと天王寺駅を潜る地下道があるなんて知らなかった。
しかし、あまりにマイナーで誰も通っていませんが・・・。
さらに、夜19時には閉鎖されるみたいでしたが。
[PR]
by gonzow | 2010-05-09 15:25 | ささいな日常
今日は日本酒ワールド!
e0018107_12375987.jpg

e0018107_12375934.jpg

e0018107_12375979.jpg

天満宮にて
[PR]
by gonzow | 2010-05-09 12:37 | 宴会・酔っ払い
げっ!
e0018107_525967.jpg

e0018107_525920.jpg

朝帰り〜〜(^^ゞ
[PR]
by gonzow | 2010-05-08 05:25 | ささいな日常
今宵わぁ
e0018107_130758.jpg

e0018107_130736.jpg

今宵は、ダーツ&プールバー
[PR]
by gonzow | 2010-05-08 01:30 | 宴会・酔っ払い
気持ちいい!
e0018107_13222940.jpg

桧原湖

さて、帰ろ。
[PR]
by gonzow | 2010-05-03 13:22 | 登山・遠出
裏側
e0018107_6485175.jpg

裏磐梯。
ええところやなぁ。
[PR]
by gonzow | 2010-05-03 06:48 | 登山・遠出