すずめの小さな命
休日の早朝、すずめ達は、朝からおしゃべりに余念がない。
ピーチクパーチク。
木々の上でも、電線の上でも、
はたまた道路の上でも、ピーチクパーチク。

今朝、彼女を迎えに行くために、
片道3車線の大きな道路を走っていた。
時間は5時を回ったころ。
日は長くなり、あたりはすっかり明るくなっている。
この時間、道路を走るクルマはわずかだ。
工業地帯の広々とした、いつもの走り慣れた道路。
その右端の追い越し車線を気持ち良く飛ばしていた。
しかし、ところどころに白バイさんや
ネズミ取りさんが隠れている。
その場所を知っていたから、
気になって、脇見をしてしまった。

前を見たら、目の前にすずめ達が3羽。
道路の真ん中で、井戸端会議中だった・・・。
ブレーキを踏む間もなかった・・・。
左に避けようとも思ったが、
左後ろには、クルマがいたハズ・・・。
3羽のうち、2羽はギリギリ右に飛び立った。
しかし、1羽は、飛び立つタイミングが遅れて・・・。
バンパーに「コンッ」と音がした。

ああっ、ごめんなさい!!
小さな命を奪ってしまった・・・。
[PR]
by gonzow | 2007-06-03 10:59 | ささいな日常
<< Can You Speak E... 中国産練り歯磨き「廃棄を」って... >>